【時代劇が面白い】晩年に悲劇続きだった世祖(セジョ)は因果応報だったのか

 

死後も続く悲劇
こんな噂が世間に広まった。
世祖は夢の中で顕徳(ヒョントク)王后からツバをはかれたのだという。この顕徳王后は端宗の生母である。
「よくも愛する息子を殺したな」
世祖の夢に出てきた顕徳王后は、鬼の形相で世祖にツバをはいた。それが原因で世祖の顔に皮膚病が広がったという。

「まさか、本当に呪いなのか」
心を惑わせた世祖は、仏教に救いを求めたが、果たして安寧は得られたのだろうか。彼は1468年に51歳で世を去った。
彼の死後にも悲劇は続く。

世祖の後を継いで8代王になった二男の睿宗(イェジョン)も兄と同じく19歳で世を去った。
世祖の因果応報は、彼の死後も続いたのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

 

世祖(セジョ)はなぜ朝鮮王朝でも評判が悪いのか

世祖(セジョ)/朝鮮王朝人物紀行7

おどろき朝鮮王朝4「世祖(セジョ)の非道」

朝鮮王朝で強制退位させられた5人の国王とは誰か

即位しなければよかった5人の国王とは誰なのか

コラム提供:チャレソ

http://chaleso.com/

2020.05.04

blank