CNBLUE・カン・ミンヒョクがユニホーム姿を初披露!K-POPライブにBEAST&MY NAMEが登場!

第3回アスリートジャパン WinWin!水素水 Presents 『韓流エキサイティング・エンタテインメント・フェスティバルin東京ドーム 2012』

 

 

アスリートジャパン11月24日(日)東京・東京ドームにて「第3回アスリートジャパン WinWin!水素水 Presents  『韓流エキサイティング・エンタテインメント・フェスティバルin東京ドーム 2012』supported by MBC“トップスターPLAYBOYS日韓ドリームゲーム&K-POPアーティストLIVE”」が開催された。

同イベントは韓国の俳優キム・スンウ率いる韓流野球ドリームチーム『PLAYBOYS』と山田久志監督(OBクラブ会員)率いる日本プロ野球OBドリームチームが、日韓の友好と友情の架け橋として、また東日本大震災の被災地に桜を植える『咲かせよう東北!桜プロジェクト』のチャリティーイベントとして開催したもの。 第3回を迎える今回は韓国MBC(韓国文化放送)の協力により、K-POPライブも同時開催し、日本でも大人気のK-POPアーティスト『BEAST』と7月に日本デビューを果たした『MY NAME』が登場。 ドームのグラウンド内に設置された特別ステージで、迫力あるライブパフォーマンスを繰り広げ、両チームの活躍を応援、フェスティバルを華やかに彩った。

 

アスリートジャパン試合前には今回初参加となるPLAYBOYSニューメンバーのカン・ミンヒョク(CNBLUE)もキム・スンウ、チジニらと共に募金活動を行った。 オープニングセレモニー前にはSS501のキム・ヒョンジュン(マンネ)の弟アレン・キボムが日本デビュー曲を歌唱し、会場を沸かした。 また韓国国家独唱をBEASTのイ・ギグァンが担い、本大会を更に盛り上げた。

試合結果はピッチャー、イ・テソンが好投を見せ、キム・スンウ、チ・ジニがヒットを打ち8回の表までリードしていたPLAYBOYSだが、日本OBチーム駒田の活躍で5対6と逆転! 日本OBチームが勝利を飾った。

またゲームのインターバルでは『BEAST』、『MY NAME』の二組によるハイタッチ会も行われ、SportsとMusicが融合するスペシャルイベントとしてファンには忘れられない一夜となった。

 

アスリートジャパン

 

2012年11月26日 12:00配信   (C)Korepoニュース

2012.11.26

blank