「次代の国王」のはずが命を奪われた3人の世子(セジャ)とは?

世子(セジャ)といえば、国王の正式な後継者です。それなのに、命を奪われてしまった3人の世子がいます。果たして、志なかばにしてこの世を去った3人とは、誰なのでしょうか。

 

あまりに悲しき運命
3人の世子とは、李芳碵(イ・バンソク)と昭顕(ソヒョン)世子と思悼(サド)世子です。順に見ていきましょう。

◆李芳碵(イ・バンソク)
〔1382~1398年〕
朝鮮王朝を建国した李成桂(イ・ソンゲ)の八男。幼いときから聡明で、1392年にわずか10歳で世子(セジャ)に指名されたが、1398年に「第1次王子の乱」が起きて異母兄の李芳遠(イ・バンウォン/後の3代王・太宗〔テジョン〕)に殺された。

◆昭顕(ソヒョン)世子
〔1612~1645年〕
16代王・仁祖(インジョ)の長男。1637年に人質として清に連行された。8年後、ようやく人質から解放されて帰国したが、外国にかぶれたことを理由に仁祖から疎(うと)まれ、わずか2か月後に急死。仁祖に毒殺されたという噂が絶えない。

◆思悼(サド)世子
〔1735~1762年〕
21代王・英祖(ヨンジョ)の息子。幼い頃から聡明で後継者としての期待が高かった。しかし、精神的な重圧に耐えきれず、素行が乱れた。英祖の逆鱗(げきりん)に触れて自決を命じられた。従わないでいると、米びつに閉じ込められて、8日目に餓死した状態で発見された。
以上の3人の世子は頭が良かったので、王になっていれば名君になったかもしれません。しかし、彼らは王になることができず、若くして命を断たれました。

 

清の人質となった昭顕世子(ソヒョンセジャ)はどうなった?

不可解な昭顕世子(ソヒョンセジャ)の急死/朝鮮王朝歴史全集11

英祖(ヨンジョ)が思悼世子(サドセジャ)を餓死させた修羅場とは?

イ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)が英祖(ヨンジョ)に出した反省文とは何か

チョン・イルが『ヘチ』で演じた英祖(ヨンジョ)は即位後どんな王だった?

コラム提供:チャレソ

http://chaleso.com/

2020.04.21