“性的暴行容疑”カン・ジファン、5月14日に控訴審…弁護人交代

12日、法曹界によると、カン・ジファンが5月14日に水原高等裁判所第1刑事部の審理で、準強制わいせつなどの容疑の控訴審公判を受ける。控訴審では、カン・ジファンの弁護士が交代する。

カン・ジファンは昨年12月、第一審で裁判所から懲役2年6か月、執行猶予3年を言い渡された。カン・ジファンは、昨年7月に知り合いの女性スタッフAさん、Bさんと酒を飲んだ後、彼女らが寝ていた部屋に入ってAさんを性的暴行し、Bさんをセクハラした容疑で起訴された。

検察は、カン・ジファンに懲役3年、就業制限5年を求刑したが、裁判所は第一審で彼に懲役2年6か月、執行猶予3年を宣告した。

  • 【公式】“性的暴行の容疑”カン・ジファン、来月14日に控訴審の初裁判
  • “性的暴行容疑”俳優カン・ジファン、一審で執行猶予…5か月ぶりに釈放
  • カン・ジファン、涙の後悔「自分を許すことができない」性的暴行容疑で懲役3年求刑
  • “性的暴行で起訴”俳優カン・ジファン、懲役3年を求刑=検察
  • 2020.04.13

    blank