「コラム」イ・ジュンギが新作『悪の花』で特異なキャラを魅惑的に演じる!

写真=イ・ジュンギのインスタグラムより

イ・ジュンギの新しいドラマがtvNで放送される『悪の花』に決まった。共演はムン・チェウォンである。果たして、イ・ジュンギは新しいキャラクターをどのように演じるのだろうか。

 

過去を隠す男
イ・ジュンギは兵役から復帰したあと、毎年、連続ドラマの主演をこなしてきた。
主演作は次の通りだ。
◆2012年『アラン使道伝』
◆2013年『Two Weeks』
◆2014年『朝鮮ガンマン』
◆2015年『夜を歩く士(ソンビ)』
◆2016年『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』
◆2017年『クリミナル・マインド』
◆2018年『無法弁護士』

素晴らしい作品群である。毎年1作ずつ連続ドラマに主演し続けたという意味で、イ・ジュンギの俳優としてのパワーは並大抵ではなかった。
しかし、2019年は主演作がなかった。「空白の1年」になってしまったのだが、2020年には早速、主演作が決まった。それが『悪の花』である。
どんなドラマなのか。

ワクワクするような内容だ。身元を変えて過去を隠す男の生きざまが存分に描かれた「サスペンス&ラブ」のドラマである。
イ・ジュンギが扮するのは、新しい生活を装うために偽りの夫婦生活を送るペク・ヒソンという男だ。
満を持して主演作に打ち込むイ・ジュンギ。
「新しい挑戦にワクワクしているので、楽しい気持ちで撮影に臨みたい」
そう意欲を語るイ・ジュンギが、新しいドラマをどのように躍動させるのか。大いに期待したい。

文=「ヨブル」編集部

 

コラム提供:ヨブル

http://yoble.jp/

2020.04.07

blank