「コラム」イ・ミンホの復帰作『ザ・キング:永遠の君主』が凄い!

兵役を終えたイ・ミンホの復帰第1作目として注目されているドラマ『ザ・キング:永遠の君主』。このドラマで、彼がどんな演技を見せるのかに期待が高まる。

 

すばらしい才能が集結
兵役から復帰した俳優の場合、最近はすぐに復帰作が決まるケースが多い。チョン・イルもそうだったし、チ・チャンウクも同様だった。
しかし、イ・ミンホは時間をかけて復帰作を選んだ。その末に決めたのが『ザ・キング:永遠の君主』である。
脚本を担当するのは超大物のキム・ウンスク作家だ。

過去には『シークレット・ガーデン』『太陽の末裔』『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』などの大ヒット作品を次々に手掛けている。今や韓国テレビ界ではナンバーワンの脚本家だ。
しかも、キム・ウンスク作家とイ・ミンホには深い縁がある。イ・ミンホが主演した『相続者たち』もキム・ウンスク作家の作品だ。
このときの信頼感が根底にあって、イ・ミンホは再びキム・ウンスク作家と組むことになった。

そして、共演相手はキム・ゴウンである。『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』で演技力を高く評価された女優だ。
監督もまた大物である。『太陽の末裔』のペク・サンフン監督が『ザ・キング:永遠の君主』の演出を担当する。
すばらしい才能が集結したイ・ミンホの復帰作は不思議な設定のドラマで、主人公が異次元の世界を自在に動く。そういう特異な世界観を体現できる俳優としてイ・ミンホが真価を発揮するだろう。
『ザ・キング:永遠の君主』は、2020年4月にSBSで放送される予定だ。

文=「ロコレ」編集部

イ・ミンホの新作の共演相手となるキム・ゴウンがすごい!

大物脚本家が自信作の主演にイ・ミンホを指名した理由とは?

兵役終了の1年後の4月に開始!イ・ミンホ主演『ザ・キング:永遠の君主』

パク・ボゴムとイ・ミンホの新作が待ち遠しい!

イ・ミンホ!兵役後の「第二の俳優人生」がようやく始まる

コラム提供:ロコレ

http://syukakusha.com/

2020.04.01

blank