ソン・ソクヒJTBC社長、年俸5億7700万ウォンに…前年比400万ウォンアップ

ソン・ソクヒJTBC社長が2019年に5億7700万ウォンの報酬を受け取っていたことが分かった。

30日JTBCが公開した2019年の事業報告書によると、ソン社長の給与は5億5400万ウォン、賞与が1800万ウォン、福利厚生費等で500万ウォンを受領し、合計5億7700万ウォンを受け取った。

JTBC側は事業報告書で「役員の処遇規定に従って、個別の職級、職責、役割および責任の大きさ、会社への寄与等を総合的に考慮し、株主総会で承認された理事報酬額の限度内で支給された」とし、「賞与の場合、役員KPI総合評価結果を反映し、評価等級別に支給した」と報酬内訳について説明した。

ソン社長は2018年には5億7300万ウォンの報酬を受け、今年は400万ウォンアップした。

現在JTBCの登記役員は全7人で、7人の平均報酬額は2億2300万ウォンだ。

 

WOW!korea提供

  • 「ニュースルーム」ポン・ジュノ監督「変装して自分の映画も見て地下鉄も利用、誰も気づかなかった」
  • “故チャン・ジャヨンさん事件”証人ユン・ジオ“謎の交通事故2回、私の行方を追跡する人もいて”
  • 故チャン・ジャヨンへの”性接待”強制事件、元同僚が衝撃告白 「当時、検察は加害者の言葉を信じた」
  • IU、ニュース番組で故ジョンヒョン(SHINee)を言及「仲間として力になってあげられず悔しかった」
  • 2020.03.30

    blank