"この俳優たちが同じ映画に?"...「ワンダーランド」に「宇宙人」、信じ難い特級ラインナップ

信じることができないほど強力なラインナップを誇る映画が現れた。キャスティングのニュースだけで見たくなる「ワンダーランド」と「宇宙人(仮題)」だ。
「ワンダーランド」は、見たい人に会わせてくれる仮想の世界「ワンダーランド」を背景に、植物人間になった恋人を依頼した20代の女性と世を去った妻を依頼した40代の男性に起こるエピソードを描いた映画だ。「晩秋」で感覚的な演出を見せたキム・テヨン監督が9年ぶりに披露する新作で、総制作費だけで100億ウォン以上となるブロックバスターとして期待を集めている。

特にキム・テヨン監督の妻であり俳優である湯唯(タン・ウェイ)を始めとしてコン・ユ、パク・ボゴム、チェ・ウシク、チョン・ユミ、スジらトップ俳優が早くからキャスティングを提案されて検討中だと知られて話題になった。彼らの中で大部分の俳優が出演を定め、一部は精密な部分を調整していると伝わった。
もしこれまで知られたラインナップが最終的に確定されたら、コン・ユは世を去った妻を懐かしがる男性を演じる。コン・ユと死別した妻は湯唯が引き受ける予定だ。また植物人間になった恋人を懐かしがる女性はスジが演じ、スジが懐かしがるボーイフレンドにはパク・ボゴムが扮することになる。チョン・ユミとチェ・ウシクは「ワンダーランド」の調停者として依頼人とA.Iの変化を通じて映画全般の雰囲気をリードする見込みだ。

コン・ユ、チェ・ウシク、チョン・ユミ、スジはマネジメントSOOPで同じ釜の飯を食べる仲だ。 コン・ユとチョン・ユミは、「トガニ 幼き瞳の告発」「新感染ファイナル・エクスプレス」「82年生まれ、キム・ジヨン」に続いて「ワンダーランド」まで、おおよそ4回目の作品を共にすることになる。コン・ユとパク・ボゴムも縁がある。今夏公開予定の「徐福」で共演した。
「ワンダーランド」は当初3月にクランクイン予定だったが、新型コロナウィルス感染症拡散で最初の撮影を4月初めに延期した。来年公開を目標にしている。

(2ページに続く)

・コン・ユ、チェ・ウシクやペ・スジらと「ワンダーランド」に合流か…”検討中”

・パク・ボゴム、スジとの共演なるか”『ワンダーランド』出演、肯定的に検討中”

・俳優パク・ボゴム&スジ、映画「ワンダーランド」で共演なるか=事務所側「オファーのみ、確定NO」

・日本初上陸の韓国式かき氷も出店 ~ひんやりスウィーツの祭典~『タカシマヤ アイス ワンダーランド』8月8日(水)から13日(月)まで、横浜髙島屋にて初開催

2020.03.13

blank