日本アカデミー賞の最優秀主演女優 シム・ウンギョン「実感わかず」

「いまだに実感がわかず、気持ちを落ち着けようとしているところだ。ただただ感謝し、私に与えられた作品に精一杯取り組んでいかなければという思いだけ」――。韓国の女優として初めて日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞を受賞した女優のシム・ウンギョンが9日、韓国の所属事務所を通じてコメントを発表した。

日本映画「新聞記者」に主演したシム・ウンギョンは、6日に東京で行われた第43回日本アカデミー賞授賞式で最優秀主演女優に選ばれた。会場で名前を呼ばれると、何度もまばたきを繰り返して驚きの表情を浮かべ、ステージ上では涙をあふれさせながら、「(受賞を)全く予想していなかったので、(あいさつを)準備していなかった。ごめんなさい」と述べた。

あらためて韓国メディア向けに出したコメントではまず、「このように大きな賞をくださり、本当に感謝する」とあいさつ。ほかの作品もそうだが、「新聞記者」も多くの人々の苦労と応援があって完成したと思うとし、「この先も作品一つ一つに真心を込め、作品の役に立つ演技ができるよう最善を尽くす」と語った。

シム・ウンギョンは25歳の若さながら、キャリア18年目の実力派。2003年に韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」で子役デビューし、映画「サニー 永遠の仲間たち」(2011年)、「怪しい彼女」(2014年)を大ヒットさせた後も数々の映画に出演し、演技の幅を広げてきた。

デビューが早かっただけにスランプも味わった。

 

WOW!korea提供

  • <KBS World>KBS World初放送!映画「サニー永遠の仲間たち」ユ・ホジョン、シム・ウンギョン、カン・ソラ主演!人生の美しさと友情の絆を描く、笑いと涙と青春の甘酸っぱさが詰まった珠玉の感動作!
  • 女優シム・ウンギョン、「毎日映画コンクール」・「アカデミー賞」など日本で4冠
  • 女優シム・ウンギョン、「新聞記者」で「日本アカデミー最優秀主演女優賞」の快挙
  • <KBS World>ドラマ 「のだめカンタービレ~ネイル カンタービレ」 チュウォンとシム・ウンギョンが奏でる絶頂のクラシック音楽ラブコメディ
  • 2020.03.09

    blank