日本人タレントのサユリがKangNamに苦情 「人気になったら連絡がない」

日本人タレントのサユリがKangNamに苦情 「人気になったら連絡がない」

韓国で活動する日本人タレントのサユリが、グループ「M.I.B」のKangNamは人気になってから連絡がない、と明かし話題だ。

1日、JTBCバラエティ番組「冷蔵庫をお願い」では、KangNam(M.I.B)とサユリの冷蔵庫を公開した後、韓国最高のシェフ6人の料理対決が繰り広げられた。

この日、サユリは「KangNamは、人気になってからというもの変わってしまった」とし、「とっても仲よしだったのに、人気になってからは連絡が来なくなった」と友人へ”苦情”を申し立てた。サユリは「以前は毎晩、電話をしていたのに、人気になってからというもの電話をとってくれない」と明かした。

するとKangNamは「僕が出演している番組はリアリティ番組だから、24時間ずっと撮影している。電話をしようとすると、いつも夜中2時や3時になってしまうから…」と釈明。これに対し、サユリは「昼に電話すればいいじゃない」と反発するも、KangNamは「その時間には、お姉ちゃん(サユリ)は寝ているじゃないか」と対抗する姿を見せ、スタジオを笑いの渦に巻き込んだ。

WOW!korea提供

2014.12.02

blank