パク・ボゴム主演『雲が描いた月明り』が史実と決定的に違うのはどこか?

『雲が描いた月明り』でパク・ボゴムが演じたイ・ヨンは実在していた。それはまさしく孝明(ヒョミョン)世子のことだ。彼は、23代王・純祖(スンジョ)の長男として、1809年に生まれている。

 

ドラマと史実の違い

孝明世子は、18歳のときに代理聴政(テリションジョン/摂政のこと)を行なって成果をあげたが、惜しくも1830年に21歳で亡くなっている。
もし早死にしなければ、孝明世子は名君になっていたはずだ。それほど才能が抜きんでていた。
一方、『雲が描いた月明り』の中では、イ・ヨンの生母がすでに亡くなっていて、父親の純祖は再婚して新しい王妃を迎えていた。
だが、実在した孝明世子の場合、母親は68歳まで生きた純元(スヌォン)王后だ。決して短命だったわけではない。しかも、純祖のほうが純元王后より先に亡くなっているので、純祖が新しい王妃を迎えたということはなかった。
このあたりが、ドラマと史実で一番違うところである。
また、純元王后は安東(アンドン)・金(キム)氏という自分の一族を政治の中枢に就かせることに成功した王妃だ。彼女の父親の金祖淳(キム・ジョスン)は、自分の娘が王妃であることを利用して政治の主導権を握っていた。

『雲が描いた月明り』にも領議政(ヨンイジョン/官僚のトップ)としてキム・ホンという人物が出てくるが、この人物のモデルは明らかに金祖淳だ。ドラマの中では、国王以上に強い権力を持っていたが、金祖淳の場合も歴史的にその通りだった。その点では史実とドラマが合っていたと言えるだろう。
『雲が描いた月明り』には、イ・ヨンの結婚相手として趙萬永(チョ・マニョン)の娘が登場してくるが、彼女は実在した人物であり、孝明世子がまさに結婚した相手である。
純祖としては、安東・金氏の一族の力が強くなりすぎたので、対抗勢力として趙萬永を引き立てようとした。そうした思惑の中で、孝明世子は実際に趙萬永の娘と結婚したのである。

 

文=康 熙奉(カン ヒボン)
提供:チャレソ
http://chaleso.com/

 

『雲が描いた月明り』のイ・ヨン(孝明世子)が象徴する世子とは?

『雲が描いた月明り』でパク・ボゴムが演じたイ・ヨン(孝明世子)の手腕とは?

この歴史がわかると『雲が描いた月明り』がもっと面白くなる!

パク・ボゴムが扮したイ・ヨン(孝明世子)の無念の生涯!

2020.02.08