パク・ソジュン、ピエロメイクでドラマ視聴のお願い…”シンバが僕だと分からなかった…”

俳優パク・ソジュンが、ユニークな姿であいさつした。

パク・ソジュンは、7日に自身のInstagramに「本放送視聴督励カット この日とても遅く終わってこのまま帰たら、シンバが主人だとわからなくてうなりました。シンバ、お前そうなら knock knock」という文と写真を公開した。

写真には、ピエロのメイクをしたままエレベーターの中で自撮りをしているパク・ソジュンの姿が写っている。パク・ソジュンとはわからないほどに完ぺきにピエロに扮した姿にネットユーザーの驚きのコメントが続いている。

パク・ソジュンはJTBCの金土ドラマ「梨泰院(イテウォン)クラス」でパク・セロイ役で熱演し、同時に映画「警官の血」の撮影中でもある。

  • パク・ソジュン、チェ・ウシクの撮影現場を訪問..“アカデミー気運を受けて来ました”
  • パク・ソジュン、出演する度に共演者と息ぴったりの演技を見せる
  • 「コラム」さすがパク・ソジュン!『梨泰院クラス』が好調にスタート
  • パク・ソジュン、「梨泰院クラス」ビハインドカット大放出…いがぐり頭で制服を完ぺきに着こなす
  • 2020.02.07

    blank