在宅起訴のV.I(元BIGBANG)、入隊については近いうちに決定=兵務庁

在宅起訴のV.I(元BIGBANG)、入隊については近いうちに決定=兵務庁

10億ウォン台の海外遠征賭博をし、性売買を斡旋した容疑で起訴されたV.I(元BIGBANG、本名:イ・スンヒョン、30)の入隊可否が近いうちに決定する見通しだ。

ソウル中央地検は30日、V.Iを性売買処罰法違反、常習賭博、外国為替取引法違反などの容疑で在宅起訴した。

兵務庁はV.Iの入営(入隊)通知に関して「関連法令を考慮し、できるだけ早いうちに入営通知の可否を決定する」との立場を明かした。

V.Iは昨年3月、捜査のため兵務庁に「現役兵入営延期願」を提出。当時、V.Iは兵役法61条と兵役法施行令129条(入営日などの延期)で示している「その他のやむを得ない事由」を根拠に延期を申請した。


兵役法施行令第129条は、疾病や心身障害、家事整理、天災事変、行方不明、出国待機、試験受験など入営日延期自由を具体的に羅列している。

ただし、V.Iの場合は7つの事由に該当していない。これにV.I側は「その他のやむを得ない事由で兵役義務を履行するのが困難」という条項を活用して延期決定を受けようとしたとし、兵務庁はV.Iの入営日程を延期した。

しかしV.Iに対する捜査が終了したため、兵務庁は手続きによりV.Iに入営通知をするものとみられる。入営通知の日付については、他の入営延期者の順序などを考慮するものとみられる。

 

WOW!korea提供

 

 

  • 【速報】V.I(元BIGBANG)、性売買斡旋と常習賭博の疑いで在宅起訴
  • アオリラーメン元店主たちの損害賠償却下… 「V.I(元BIGBANG)の評判の維持義務はない」
  • BIGBANGの元メンバーV.I、入隊説により浮上した批判世論
  • 兵務庁、逮捕状棄却のV.I(元BIGBANG)の入隊「捜査結果によって影響」
  • 2020.01.31

    blank