実録サスペンス『幼い依頼人』3月27日(金)日本公開決定!!

10歳の少女の衝撃的な告白――私が弟を殺しました
韓国全土を震撼させた衝撃の実話を完全映画化!多発する児童虐待問題に警鐘を鳴らす実録サスペンスが遂に日本上陸!

『幼い依頼人』3月27日(金)日本公開決定!アートワーク&予告映像解禁!

「動画」『幼い依頼人』予告映像

この度、韓国映画『幼い依頼人』の公開が3月27日(金)に決定し、あわせて日本版アートワークおよび予告映像が到着しました。
ひたすら出世だけを望んできた弁護士が、7歳の実の弟を殺したと衝撃の告白をした10歳の少女に出会い心を動かされ、真実を明かすために奔走する本作は、2013年に慶尚北道漆谷郡にて起こった漆谷(チルゴク)継母児童虐待死亡事件を基に、その被害者の弁護士を中心に信じ難い全貌を描き出す実録サスペンス。

弁護士ジョンヨプを熱演したのは韓国歴代興行収入No.1を誇り日本でも先日公開された大ヒット映画『エクストリーム・ジョブ』のクールな刑事役でカリスマ性あふれるアクションを披露したイ・ドンフィ。
これまで『ワンライン/5人の詐欺師たち』『ブラザー』で演じてきたコミカルなキャラクターとは一転、本作では強烈な感性を揺さぶるシリアスな演技を披露している。さらには幅広い演技力で映画とドラマの両方で活躍する女優ユソンが事件真相のカギを握る母親ジスク役を、“ポスト キム・ヒャンギ(『神と共に』シリーズ)”と称される天才子役チェ・ミョンビンが継母の暴力に怯える少女ダビン役を担い、作品に説得力を与えている。

(2ページに続く)

2020.01.08

blank