キム・ドンジュン(元ZE:A)、料理バラエティ「おいしさの広場」で努力派の末っ子ぶりを発揮

キム・ドンジュン(元ZE:A)、料理バラエティ「おいしさの広場」で努力派の末っ子ぶりを発揮

歌手兼俳優として活躍するキム・ドンジュン(元ZE:A)が料理バラエティ「おいしさの広場」で先輩たちの愛情を呼ぶキュートな末っ子に成長した。

今月2日に放送されたSBSの料理バラエティ「おいしさの広場」でキム・ドンジュンは料理人のペク・ジョンウォンとともに韓国・慶尚北道(キョンサンプクト)永川(ヨンチョン)のニンニク農家と韓豚農家を訪れ、直々に農民たちの苦情をともに悩んだ。その中でもキム・ドンジュンはペク・ジョンウォンの隠れた茶目っ気を呼ぶ純真さで見る人々の笑いを誘った。

寒い朝にもキム・ドンジュンの暖かい末っ子の役割は続いた。真っ先に宿所の外に出たキム・ドンジュンは番組レギュラーのヒチョル(SUPER JUNIOR)とヤン・セヒョンの席にヒーターをつけておき、車の中をあらかじめ暖めておくなど先輩たちの愛をひときわ受けた。

この日、本格的に永川サービスエリアでキム・ドンジュンはコンビのヤン・セヒョンとともに中華豚肉麺を担当した。重大な任務にもかかわらずキム・ドンジュンは繊細な腕前と初めてのようではない早いスピードで、迅速かつ正確に野菜の下ごしらえをし、あっという間に作業を終わらせた。

また中華豚肉麺の辛さを表現するためにメニューの修正に緊急投入されたキム・ドンジュンは実物の唐辛子を見ながら絵を描くなど、精巧でセンスのいい絵で先輩たちから絶賛された。

「おいしさの広場」で愛されているキム・ドンジュンは最近放送が終了したJTBCドラマ「補佐官-世界を動かす人々シーズン2」でも熱演を繰り広げ、俳優としてのポジションをしっかりと固めた。

 

WOW!korea提供

  • キム・ドンジュン、「2019 SBS芸能大賞」チャレンジャー賞受賞の快挙
  • キム・ドンジュン、障害認識改善キャンペーン広告に参加…手話で暖かい心伝達
  • ZE:A出身キム・ドンジュン、「補佐官2」でインターンから8級秘書に昇格「シーズン1よりも面白いだろう」
  • キム・ドンジュン、11月6日に1stミニアルバムを発売
  • 2020.01.03

    blank