「コラム」『キム秘書』でパク・ソジュンの奇想天外な演技が堪能できる!

ドラマ『キム秘書はいったい、なぜ?』の主人公は、ユミョン・グループ副会長のイ・ヨンジュンだ。パク・ソジュンが演じている。このヨンジュンは完璧な男なのだが、恋愛となると急にダメ男になってしまう。だからこそ、そのギャップで笑えるのだが……。

典型的なナルシスト

『キム秘書はいったい、なぜ?』はキャスティングが素晴らしい。
特に、主役コンビのパク・ソジュンとパク・ミニョンは、まさに「絵になる最高の組み合わせ」だ。
2人の掛け合いはビジュアル的にも大いに視聴者を楽しませてくれる。
キャラクター設定も興味深い。パク・ソジュンが演じるヨンジュンは、外国語が堪能で、仕事が抜群にできて、長身でハンサム。しかも、典型的なナルシスト。自分にしか興味がない。
そんなヨンジュンに秘書として9年間も仕えたのがキム・ミソ(パク・ミニョン)だ。彼女はとても有能なのだが、突然退職を願い出るところからドラマが始まっていく。
ヨンジュンは理由がわからない。なぜ、ミソが秘書を辞めたがるのか。
実は、ミソは父親から押しつけられた借金をすべて返し終わり、今度は自分の人生を自由に歩みたいと願ったのだ。

けれど、ナルシストのヨンジュンは9年間もそばにいたミソの気持ちに無頓着だった。あげくの果てには、自分のことをミソが愛しているのではないかと錯覚すらしてしまう。しかし、現実は逆。ミソは仕事でヨンジュンに忠実に仕えたが、私生活では彼がまったくタイプではなかった。
(ページ2に続く)