ミステリー小説の女王、アガサ・クリスティの人気シリーズ 女性探偵「ミス・マープル」の物語をドラマ化「復讐の女神」 2020年2月4日&3月3日TSUTAYA先行レンタル&発売決定!

Ⓒ SBS
Based on the original characters and works created by Agatha Christie.

この度、ミステリー小説の女王アガサ・クリスティの人気シリーズ、女性探偵「ミス・マープル」の物語をドラマ化した「復讐の女神」のTSUTAYA先行レンタル及びの発売が2020年2月および3月に決定した。

「復讐の女神」は、ミステリー小説の女王、アガサ・クリスティの人気シリーズの1つ、女性探偵「ミス・マープル」のストーリーを題材にした本格ミステリードラマ。原作や過去に映像化された際には、穏やかな初老の女性として描かれていたミス・マープルだが、本作では娘殺しのぬれぎぬを着せられながら脱獄を図り、真犯人を追いながらも様々な事件を解決していく、たくましさの中に母性を感じさせる女性、ミス・マとして鮮やかに生まれ変わらせた。

ドラマ「復讐の女神」の魅力は、アガサ・クリスティ作品ならではのミステリーと謎解きの面白さはもちろん、復讐することだけを目的に生きてきた主人公が、周囲の人々と触れ合いながら、互いが抱える痛みや悲しみから再生していく、人間ドラマの一面を持ち合わせている点。さらに、ドラマの世界に視聴者を一気に引き込む、出演者たちの抜群の演技力も見どころの1つとして外せない。

特に、ミス・マとマ・ジウォンの二役を演じた、『シュリ』(1999)のヒロイン役や、米ドラマ「LOST」(2004~2010)のサン役として日本でも知られるキム・ユンジンの演技は、本作が実に19年ぶりの韓国ドラマ復帰作品ということもあり、放送開始前から韓国でも多くの注目を集めた。娘を殺害しさらに自身にぬれぎぬを着せた真犯人を捜すため、脱獄し復讐に燃える女性の顔と、真犯人を探すために推理小説家になりすました逃亡犯という身でありながら、身の危険を冒してまでも事件を解決していく、知性と母性を併せ持つ女性の顔を見事に演じ分ける高い表現力で、実力派女優キム・ユンジンの貫禄を感じさせてくれる。

他にも、過去の過ちに気づき苦悩しながらも償おうとする、気性は激しいが人間臭い刑事ハン・テギュを丁寧に演じたチョン・ウンイン、ミス・マの姪として共に暮らすことになる謎めいた女性ソ・ウンジを繊細に演じた女優のコ・ソンヒ、心優しい警察官を体現したB1A4のシヌゥなど、脇を固める実力派キャストにも注目。ミステリー小説の女王、アガサ・クリスティの人気シリーズをドラマ化し、ミステリーファンはもちろん、すべてのドラマファンが楽しめるエンタテインメント作品となった「復讐の女神」。ぜひDVDで楽しんでほしい。

(2ページに続く)

  • 「B1A4」シヌゥ、「ミス・マ、復讐の女神」終了で感想「幸せだった」
  • B1A4 シヌゥ、新ドラマ「ミス・マ、復讐の女神」で本格的に役者デビュー…事務所と再契約後初の活動
  • 【公式】キム・ユンジン、映画「自白」に弁護士役で出演確定、ソ・ジソブとの初めてのタッグに期待もアップ
  • B1A4シヌゥ、「ハッピートゥゲザー4」出演…軍入隊前の最後のバラエティ番組
  • 2019.11.01

    blank