ハ・ジウォン舞台挨拶に登壇!『HANA~奇跡の46日間~』特別試写会開催!

ハ・ジウォン舞台挨拶に登壇!

ロンドンオリンピックの興奮冷めやらぬ中、卓球というスポーツの熱気と情熱が一本の映画で蘇った。

 

ハ・ジウォン舞台挨拶に登壇! かつて世界卓球連盟会長である、荻村伊知朗氏の尽力で実現した南北統一チームの奇跡の実話を21年の歳月を経て、韓国映画『HANA~奇跡の46日間~』(原題:KOREA)として完成。

 

感動のスポーツ・エンターティンメント・ムービーとして2013年日本で公開される。本国では5月に公開、200万人を超えるスマッシュヒットを記録した。

 

韓国映画界を代表するハ・ジウォンがかつて韓国で空前の卓球ブームを巻き起こしたスター選手ヒョン・ジョンファを好演、ペ・ドゥナが北のリ・プニを演じ、ライバル同士の迫真の演技で映画を盛り上げている。

 

同作の日本での公開に先立ち、11月2日(金)、シネマート新宿にて特別試写会が開催され、主演のハ・ジウォンとムン・ヒョンソン監督が舞台挨拶に登壇した。

 

黒いミニドレスを華麗に着こなし、優雅に登場したハ・ジウォンは「汗と情熱が生んだ私たちの真心(映画)が日本に来ることができて胸がいっぱいです。」と挨拶。

 

「20年前ここ日本で小さな統一が成し遂げられました。同じ日本で映画を公開することができて非常に感謝し、光栄に思っています。映画の持っている真実味、真心が皆さんの心に近づき、心を温かくしてくれるそんな映画になってくれることを願っています。」と感慨深く語り、映画をPRした。

 

なお、映画の主人公ヒョン・ジョンファ本人も専属卓球コーチとして本作に参加、俳優たちに卓球の手解きをしている。

 

2012年11月2日 pm11:40配信 
(C)Korepoニュース

2012.11.02

blank