ソン・スンホン、「偉大なショー」終了コメント「社会問題を扱いやりがいを感じた…幸せだった6か月」

「偉大なショー」が終了し、ソン・スンホンがそれに対してコメントした。

16日、ソン・スンホンの所属事務所キングコング by STARSHIP側は、tvNの月火ドラマ「偉大なショー」で主人公ウィ・デハン役を演じたソン・スンホンの放送終了コメントと最終回の台本認証写真を公開した。

ソン・スンホンは、所属事務所を通じて「アンニョンハセヨ。ソン・スンホンです。『偉大なショー』が最後の放送を終えました。今までの6か月間、ウィ・デハンとして泣いて笑ったすべての瞬間が幸せでした。ありがとうございました」と名残惜しい気持ちを伝えた。続けて「長い期間、共にした監督、作家、スタッフの方たちと共に楽しい現場にした同僚の先輩、後輩の俳優さんたちは本当に苦労したし、感謝の言葉を伝えたいと思います」と感謝の気持ちを伝えた。

また、ソン・スンホンは「毎回、敏感な社会的イシューを僕たちのドラマで取り上げたという点で、俳優としても実験的で意味のある内容だったので、どの作品よりもやりがいを感じました。それだけ共にできた『偉大なショー』のすべての俳優、スタッフ達に改めて感謝の気持ちを伝えたいです」と作品に対する深い愛情を示した。

最後にソン・スンホンは、「最後まで見守ってくれて応援してくれた視聴者の皆さんに心から感謝します。『偉大なショー』」が視聴者の皆さんに愉快で温かいドラマとして残ることを願い、僕もまた良い作品でお会いしたいです。ありがとうございました」と締めくくった。

2019.10.17

blank