『パラサイト 半地下の家族』世界を魅了する若き巨匠ポン・ジュノ監督が描き続けてきたこととは?

今年のカンヌ国際映画祭で、審査員満場一致で【最高賞】パルムドールに輝いたポン・ジュノ監督最新作『パラサイト 半地下の家族』(2020年1月全国公開)。

全員失業中の貧しい一家とIT企業を経営する裕福な社長一家という相反する2つの家族の出会いから想像を遥かに超える展開へと加速していく物語は、既に韓国動員1,000万人突破、フランス動員160万人突破ほか、各国で動員記録を塗り替える爆発的な盛り上がりをみせている。その後もオスカー前哨戦ともいわれるトロントや、ニューヨークなど各国の映画祭で絶賛&受賞を重ね、第92回アカデミー賞®での受賞も有力視されている。

「ボンテール(ポン・ジュノ+ディテール)」という造語まで誕生!

細部にこだわった、唯一無二の圧倒的な映像表現

今年100年目の記念年を迎えた韓国映画界に、初めてのパルムドールをもたらしたポン・ジュノ監督『パラサイト 半地下の家族』。現代社会が抱える問題をも内包しつつ、ユーモア、サスペンス、アクション…映画すべての要素を完璧に融合させながらツイストの効いた展開で描き切った。

物語の構成だけでも超一級のエンターテインメント作品として、申し分ないが、それに加えて「ボンテール(ポン・ジュノ+ディテール)」も余すことなく堪能できる!と評論家たちも声を揃える。「ボンテール」とは、役者の台詞や動き、小道具、背景など画面に映し出されているあらゆる要素に、メッセージを込める監督の繊細さとち密さを称賛するため、メディアや評論家が生み出した造語。本作でも、前半に出てきたアイテムが、後半に思いもよらない展開で登場する…!?何度見ても新たな発見があるのが、魅力のひとつだ。

(2ページに続く)

・邦題&公開決定_ポン・ジュノ監督『パラサイト 半地下の家族』

・俳優パク・ソジュン、”「パラサイト」のパルムドール受賞は光栄。チェ・ウシクとは家族のような関係”

・文在寅大統領夫妻、カンヌのパルムドール受賞作「パラサイト」を観覧

・パク・ソジュン、映画「パラサイト」のスチールを公開…短いが強烈な存在感をアピール

2019.10.15

blank