邦題&公開決定_ポン・ジュノ監督『パラサイト 半地下の家族』

第72回カンヌ国際映画祭<最高賞>パルムドール受賞!

ポン・ジュノ監督作品「パラサイト」半地下の家族 <英題:Parasite> 邦題&公開決定

第72回カンヌ国際映画祭最高賞パルムドールを受賞したポン・ジュノ監督最新作「PARASITE」(英題)の日本公開タイトルが『パラサイト 半地下の家族』となり、2020年1月、TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開することが決定いたしました!

予想のつかない、圧倒的な展開だ!観た瞬間からこの映画に魅了され、観た後も自分たちの中でどんどんと育っていった。——アレハンドロ・G・イニャリトゥ

全員失業中、“半地下”住宅で暮らす貧しい一家の長男が、IT企業を経営する超裕福な一家の家庭教師になったことから、次第に想像を遥かに超える悲喜劇へと展開していく本作。

相反する2つの家族を軸に、いま世界が直面している貧富格差を痛烈に批判しつつ、コミカルさやサスペンス感など交え、圧倒的エンターテインメント性を持たせた物語展開で描き切った。

主演を務めるのは、名優ソン・ガンホ。同監督とは『スノーピアサー』『グエムル -漢江の怪物-』『殺人の追憶』に続く4度目のタッグとなる。

(2ページに続く)

・俳優パク・ソジュン、”「パラサイト」のパルムドール受賞は光栄。チェ・ウシクとは家族のような関係”

・文在寅大統領夫妻、カンヌのパルムドール受賞作「パラサイト」を観覧

・パク・ソジュン、映画「パラサイト」のスチールを公開…短いが強烈な存在感をアピール

・カンヌ国際映画祭パルムドール受賞「パラサイト」、フランスで封切り

2019.08.07

blank