「取材レポ」キム・ヒョンジュン(マンネ)“マッチョJunと呼んでください!”1年振りのツアーで成熟したステージを披露!

IMG_0403歌手だけでなく俳優としても活躍しているSS501の末っ子(マンネ)キム・ヒョンジュンが、10月10日(金)、11日(土)2日間に渡り、東京・ディファ有明にて「KIM HYUNG JUN 2014 LIVE TOUR –Endless Story-」を開催。約1年ぶりのステージを見ようと多くのファンが集結した。

オープニング曲「Just Let It Go」と共に白いタキシード姿のキム・ヒョンジュンが現れると、あちこちから「マンネ~」、「ヒョンジュン~」の大歓声が。

続けて「Long Night」のパワフルなダンス曲2曲歌い終えた後「みなさんこんばんは!キム・ヒョンジュンです。1年振りに戻ってきました。本当に会いたかったです。1年ぶりにコンサートができてうれしいです」と日本語であいさつし、笑顔を見せた。ファンも待ってました!と言わんばかりに大声で名前を叫び、呼吸を合わせた。トークの途中で水分補給をする姿さえも絵になるマンネに「かっこいい~」と会場中からため息が。「今日は1年振りに持ってきた新曲(「BETTER」)も披露します!」とうれしいニュースに、スタートからファンの熱気で埋め尽くされた。

IMG_0188「間違い電話」、「Always Love You」と変わらない甘い歌声でニコニコ笑顔と愛嬌たっぷりで歌い上げ、時折「うしろも~」と後方席のファンも気遣う優しさも垣間見せた。途中のMCでは「最近までひどい風邪をひいていました。夏風邪はなかなか治らないですよね?薬をたくさん飲みました。みなさんのために早く治してきました~!」と茶目っ気たっぷりに話し、自身の1年振りとなる来日ライブへの並々ならぬ思いを伝えた。それに応えるように観客からは大きな拍手が起こった。更に自身の直近のドラマ「愛は歌に乗って」の出演エピソードとして、「ドラマのおかげで韓国の食堂に行くと、たくさん食べなさいとお店の人が食べ物をもってきてくれました。(笑)」というかわいいエピソードも披露。

会場中があたたかい雰囲気で包まれる中、自身の出演作「輝ける彼女」のOST曲から「甘い、everyday」、「I AM」、「悪い男だから」、「愛してるという言葉も」をしっとりと美しいボーカルで聴かせ、高い歌唱力を見せつけた。語りかけるように歌う姿はファンの心を一気に虜にした。

_MG_9757そんな甘い雰囲気の中、舞台が暗転し、スクリーンに新曲「BETTER」のジャケット写真や、レコーディング映像が映し出され、近づく新曲公開へのファンの期待が募る。それを煽るかのように再び舞台に現れたキム・ヒョンジュンが「本当に驚かないでくださいね。スローテンポなダンス曲です。マッチョとは何かをお見せしたいです。僕ずいぶん痩せましたよね?前のズボンがブカブカです。マッチョJunです。マッチョとは何かをお見せします」と今回の撮影のためにダイエットをしたことにも触れ、ますます引き締まった容姿を見せつけて、新曲への意気込みを付け加えた。

「僕の頭が悪くて」、「LET ME BE THE ONE」とSS501のバラード2曲も披露し、洗練されたステージで観客の歓呼を引き出した。「BETTER」のイメージビデオが再び流れた後、ネクタイを取ってよりセクシーなキム・ヒョンジュンが大歓声と共に現れると、愛よりも孤独を選んだ悪い男の心を表現した11月19日発売のニューシングル「BETTER」が初披露され、成熟した男性美を感じられるセクシーなスローテンポのダンス曲で、その新たな魅力に会場中を魅了した。

続けて「11月19日ニューシングルが発売されますがその時に日本に戻ってきてサイン会やハイタッチ会を行いたいと思います!」とうれしいお知らせが。

盛り上がる中、「もう1曲の新曲を紹介します。言葉は必要ない、歌いたいと思います。」というかっこいい曲紹介の後にバラード曲「写真帖」を披露。なんとステージから降りてファンに近づいて歌うという想像もしなかった突然の演出に会場中が騒然。一人一人の顔をしっかり見てハイタッチや、特別見つめられて歌われたファンは失神寸前に。最後の最後まで考えられた演出にファンは大喜び。興奮冷めやらぬ中、楽しかった時間はあっという間に過ぎ、最後のあいさつに。

_MG_9330「1年ぶりのステージでしたが実はこれで終わりなんです。今新しい曲もたくさん用意しているので期待してください。11月のアルバムリリースの時は必ず来てください!みなさん本当にありがとうございます」と惜しまれながらステージを後にした。

もう一度会いたい、見たいというファン達の鳴り止まないキム・ヒョンジュンコールに、Tシャツとジーンズというラフなスタイルで再びステージに戻ってきたマンネは、残りわずかな時間を楽しもうと歌って踊って「Heaven」、「他の女じゃなく君」、「SORRY IM SORRY」を全身全霊で歌い上げた。「本当にありがとうございます。また会いましょう。アンニョン!!」と感謝を伝え、圧巻のステージは幕をおろした。

IMG_1280

興奮状態のそれでも鳴り止まない、ステージを惜しむファン達からの続くキム・ヒョンジュンコールになんと前代未聞のダブルアンコールで「BETTER」を再披露し、うれしいサプライズが起こり、全16曲を歌い上げた最高のステージを締めくくった。ステージでの余韻を残したまま、スクリーンには初公開となる「BETTER」PVがフル公開され、ラストに華を添えた。直近のドラマ「愛は歌に乗って」に出演し、俳優として活動してきた彼が久しぶりに歌手の姿に戻ったステージでもあり、そのパフォーマンスはより一層輝きを放っていた。

また、ライブ終了後にはハイタッチ会も開催されファンとのふれあいを楽しんだ。11月のアルバムリリースでの再会を約束し、約2時間のライブは大盛況で幕を閉じた。

 

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

■キム・ヒョンジュン オフィシャルサイト http://www.kimhyungjun.jp/index.asp

2014.10.15

blank