V.I(BIGBANG)、メッセージの原本はまだだが…強気の正面突破で騒動を収められるのか

 

所属事務所のYGエンターテインメントはこの日の午前、性接待を指示した疑惑について「ねつ造されたものだ」と反論。V.Iは取り調べを終えた後、「全ての疑惑に対する取り調べを終えた。薬物の場合は麻薬捜査隊で指示される全ての検査をおこなった。多くの方が騒動に腹を立てていると思うが、全ての疑惑が晴れるよう取り調べを受けるつもりだ。結果を待っていてほしい。また呼ばれればいつでも取り調べに誠実に臨むつもりだ」と明らかにした。

V.Iの弁護人は、薬物の1次調査に関して「音声が出てきた」と明らかにした。また性接待を指示した疑惑については「最も深い取り調べを受けた」と説明。さらに「警察の癒着などBurning Sun関連の騒動についても取り調べを受けた。多くの疑惑についてすぐに真実が明らかになると期待している」と伝えた。

V.Iは予定されていたスケジュールを全面中断し、警察の取り調べや疑惑を晴らすことに専念している。今月9日と10日には大阪、17日にはジャカルタでコンサートを控えていたが、これをキャンセルし、今後の全てのスケジュールを中断させた。

現在、関心が集まっているのは、スマートフォンのメッセンジャーによる会話の原本の真偽だ。あるメディアはV.Iが投資者に性接待を指示したとして、2015年12月に関係者と交わしたメッセージ内容を報じた。YG側はねつ造された虚偽の内容だと反論したが、これまで警察はメッセージの原本を手にしていない。

 

WoW!Korea提供

・V.I(BIGBANG)、今度は”脱税疑惑”…国税庁が内偵に着手

・【全文】V.I(BIGBANG)、大阪公演含むすべての日程を中断…YG「警察捜査に積極的に協力する」

・”麻薬・性接待疑惑”警察出頭のV.I(BIGBANG)、大阪公演中止へ=公式発表

・【公式】V.I(BIGBANG)、麻薬一次調査で陰性反応…弁護側「まもなく真実が明かされるだろう」

2019.03.01

blank