“BTS生みの親”パン・シヒョク氏、母校・ソウル大卒業式で祝辞「不満・怒りが私の原動力」

韓国アイドルグループ「防弾少年団(BTS)」が所属するBigHitエンターテインメントのパン・シヒョク代表(46)が母校であるソウル大学の卒業式で後輩たちに「夢の代わりに怒りでここまで来た」と明かした。

去る26日午後、ソウル大学冠岳(クァナク)キャンパス総合体育館では、第73回前期学位授与式が進行された。ソウル大学・美学科を卒業し、世界的ボーイズグループ「防弾少年団」を誕生させた音楽プロデューサー、パン・シヒョク氏は卒業生たちに祝辞を述べるため、この日、卒業式に出席した。

パン氏は祝辞で「総長から祝辞の提案を受けてしまったが、正直、この場に立つまでとても悩んだ」とし、「きょうは最大限、正直な話を伝えようと思う」と口を開いた。

パン氏は何の夢もなく法大進学を考え美学科に進学したと伝えた。その後、音楽プロデューサーとなり、パク・チニョン(47)と共にJYPという会社を創業後独立、いまはBigHitエンターテインメントの代表でありプロデューサーとして、「防弾少年団」を育てている。

(2ページに続く)

・防弾少年団育てたBig Hitパン・シヒョク代表、母校ソウル大学卒業式で祝辞

・「2018 MAMA」防弾少年団、「ベストミュージックビデオ賞」受賞…”パン・シヒョクPD、感謝”

・<KBS World>「防弾少年団(BTS)とK-POPの未来~明見萬里」防弾少年団(BTS)を育てたプロデューサー パン・シヒョクが防弾少年団と歩んだ道のり、誕生秘話、今後の目標について語る講演ドキュメンタリー!

・Big Hitパン・シヒョク代表、米Variety「International Music Leaders」に選定

2019.02.27

blank