“飲酒運転”俳優アン・ジェウク、ミュージカル2作品を降板へ

2019.02.11

飲酒運転で摘発されて物議を醸している韓国俳優アン・ジェウク(47)が、今週予定されていたミュージカル「光化門恋歌(クァンファムンヨンガ)」の釜山(プサン)公演まで出演後、降板することになった。

所属事務所のjableエンタテインメントは11日午後、報道資料を通じて「アン・ジェウクは今回の不始末に対して自粛の意味で、ミュージカル『光化門恋歌』の大田(テジョン)、浦項(ポハン)、利川(イチョン)での公演と、開幕を控えているミュージカル『英雄』の全公演から降板することを決定した」と明らかにした。

以下、所属事務所のコメント全文。

アン・ジェウクは今回の不始末に対して自粛の意味で、ミュージカル「光化門恋歌」の大田、浦項、利川での公演と、開幕を控えているミュージカル「英雄」の全公演から降板することを決定しました。

(2ページに続く)

・KBSバラエティ番組側、10日予定の“飲酒運転”俳優アン・ジェウクの収録を中止していた

・ミュージカル「英雄」側、“飲酒運転”俳優アン・ジェウクの状況を確認中…降板になるのか?

・【全文】俳優アン・ジェウク、飲酒運転で免許取り消し処分されたことを謝罪

・【トピック】SEHUN(EXO)、イ・スンギ&パク・ミニョン&アン・ジェウクら豪華メンバーとの会食現場を公開