「防弾少年団」事務所代表、米ビルボード「ニューパワー・ジェネレーション」に選定

韓国芸能事務所BigHitエンターテインメントのパン・シヒョク代表(46)がニューパワー・ジェネレーションに選定された。

7日(現地時間)、米ビルボードは世界の音楽市場を導く次世代主役として「Meet Music's New Power Generation: 25 Top Innovators」を発表し、パン・シヒョク代表に関する記事を掲載した。

ビルボードは「作曲家でありプロデューサーのパン・シヒョク代表が結成した防弾少年団(BTS)が2018年、西欧大衆音楽界に急浮上した。『FAKE LOVE』で初めてビルボードHot100の10位に入り、ソーシャル50で111回もの1位を記録し、TIME誌の表紙を飾った」と説明した。

(2ページに続く)

・第61回グラミー賞授賞式プレゼンターに、BTS (防弾少年団)、アレッシア・カーラ、ジョン・メイヤー、アナ・ケンドリック、 ほか出演決定!

・米「グラミー賞」、「防弾少年団」のプレゼンター出席を公式発表…韓国歌手初の快挙

・防弾少年団 ジョングク「覆面歌王」出演当時の映像が再び話題に…あどけない姿&甘い歌声にメロメロ

・【公式】防弾少年団の弟グループTXT、Mnetの単独特集番組で3月4日デビュー決定!

2019.02.08

blank