リュ・ジュンヨル主演映画「戦闘」、”環境破壊”との指摘…該当地域のシーンを破棄し再撮影へ

2019.02.06

生態景観保全地域を破壊したとの指摘を受けた韓国映画「戦闘」側が、該当地域で撮影したシーンを破棄し、再度撮影したことがわかった。

6日、映画関係者によると「戦闘」側は昨年12月末と1月、環境破壊の指摘を受けたシーンを全て他の場所で再度撮影し直したという。

これを前に同作品は、江原道(カンウォンド)旌善(ジョンソン)地域で、管轄庁である旌善郡庁と協議後、撮影をおこなった。しかし、該当の場所が生態景観保全地域であり、原州(ウォンジュ)地方環境庁の許可を別途に受ける必要があることを知らずに撮影。これを環境団体に指摘された。

(2ページに続く)

・<トレンドブログ>リュ・ジュンヨル主演映画「ペンバン」宣伝をかねた近況写真を公開♪

・<トレンドブログ>「ペンパン」リュ・ジュンヨル、「SHINee」キーとパク・イェヨンに「かわいい子たち」

・「PHOTO@ソウル」俳優チョ・ジョンソク、リュ・ジュンヨル、キー(SHINee)ら登壇。映画「ペンバン」のショケース開催

・<トレンドブログ>リュ・ジュンヨル、新作映画「ペンバン」でひき逃げ担当エース巡査に!