ユーチューバーのヤン・イェウォン、”誹謗中傷”ネットユーザーら100人を名誉棄損で告訴

韓国ユーチューバー(YouTuber)のヤン・イェウォンが、悪質ネットユーザーおよそ100人を告訴することがわかった。

ヤン・イェウォンの法務代理人を務める弁護士は6日、メディアを通して「悪質なネットユーザー100人に対して7日、名誉棄損と侮辱容疑で告訴する。ヤン・イェウォンさんの居住地近隣の警察署に告訴状を提出する予定」と明らかにした。

ヤン・イェウォン側が問題視するネットユーザーらの内容は「操作し、殺人した」などの虚偽事実、またはヤン・イェウォンや家族に対する悪質コメントなど。

関係者は「悪質なコメントが数千件にのぼる。まず、SNSやブログに侮辱文章を書き込んだネットユーザーらが対象」とし、「悪質書き込みが犯罪であるという事実を知らせたい。金銭的賠償ではなく、真の反省と謝罪を要求する」と明かした。

 

WOW!korea提供

2019.02.06

blank