【速報】大ブレイク中の韓国若手実力派俳優パク・ボゴム、待望の“日本歌手デビュー”決定!

2019.01.31

韓国の人気俳優パク・ボゴムが、ポニーキャニオンより日本で歌手デビューすることが決定した。

韓国内ではCM起用数トップに踊り出るなど、現在爆発的な人気を得てアジア中で韓流トップスターNo,1の地位に君臨しているパク・ボゴム。その抜群のビジュアルと高い演技力で、多くの人々を魅了していることは言うまでもない。
そんな彼は、最高視聴率25.3%を獲得し、2017年韓国ドラマ最大の話題作となった『雲が描いた月明かり』(KBS)で、日韓共に一躍人気となった。

俳優として、自身の主演ドラマ「雲が描いた月明かり」内で、挿入歌「愛しい人」を歌唱。その甘い声と見事な歌唱力を披露したことで注目された。自身が専属モデルを務めるアウトドアブランド「Eider」の2018年企業広報用CM内で、オリジナル曲「星を見に行こう(原題)」を歌唱。この楽曲は配信でリリースされ、日本では iTunes「KPOPチャート」で1位を獲得(2017年10月13日付)するなど、その歌唱力には定評がある。
2016年から開催されている「アジアファンミーティングツアー」でも、歌詞に込められた思いを気持ちを込めて歌い上げ、歌手としての才能は各方面より早くから高い評価を受けていた。

俳優としてのみならず、歌手としての表現力の豊かさは勿論、そのマルチな才能を発揮すべく、今春日本でCDデビューすることが決定した。

日本デビューシングルのタイトル曲は「Bloomin’」。この曲は「遠く離れた世界中のファンの皆さんと、これからも一緒に花(=曲)を咲かせていこう」という思いが込められた、疾走感溢れるミディアムナンバーだ。

また、カップリング曲として収録される日本オリジナル楽曲「輝く未来」は、これからもより深く強く絆を結びつけていこう、という「ファンとの約束ソング」。本人のアイディアによりキッズコーラスも取り入れられ、これから始まるパク・ボゴムの未来へ向けての期待感が感じられる一曲となっている。

通常盤のみに収録される「愛しい人 -Japanese ver.-」は、韓国ドラマ「雲が描いた月明かり」OSTにも収録されている「愛しい人」の日本語バージョン。ドラマの世界観を生かし、オリジナルの歌詞の良さを表現した作品だ。ドラマファンの期待を裏切らない仕上がりとなっている。

なお、今週末に日本で開催されるファンミーティング【2019年2月3日(日)さいたまスーパーアリーナ<2019 Park Bo Gum Asia Tour in Japan<Good Day:May your everyday be a good day>】では、当日正午より場外特設ブースにてCD予約受付を行う。同会場でCDを予約すると、会場限定予約特典ポスターが付与されるとのことだ。

2019年3月20日(水)に、自身のもうひとつの夢でもあった「歌手・シンガーソングライター」としての”新たなストーリー”をスタートさせるパク・ボゴムに、注目したい。

(2ページに続く)

 

  • 俳優パク・ボゴム、“恋愛スタイルは「ボーイフレンド」ジニョクよりは控え目”
  • <トレンドブログ>俳優パク・ボゴム、2019アジアファンミーティングがソウルからスタート!P.Oも駆け付けた!
  • 俳優パク・ボゴム、”防弾少年団、ドラマを見たと連絡がきた。忙しい中での応援がうれしかった”
  • 「ボーイフレンド」最高視聴率10%で放送終了に…ソン・ヘギョ&パク・ボゴムが伝える“平凡な幸せ”の大切さ