ソン・ジュンギの家族に対し虚偽告訴した男に有罪判決

ソン・ジュンギの家族に対し虚偽告訴した男に有罪判決

俳優ソン・ジュンギの家族を詐欺容疑で告訴して取り下げたという30代の男が、虚偽告訴罪の判決を受けた。

ソウル北部地方裁判所(パク・ジョンギル判事)は、ソン・ジュンギの兄や父らに損害を与え、その後損害賠償を免れるために詐欺をした虚偽の内容で告訴した容疑で裁判が行なわれたA氏(36)に対し、懲役10か月執行猶予2年が言い渡されたことが、3日明らかになった。

裁判部は「被告人がソン・ジュンギ一家を詐欺罪で告訴することで、ソン・ジュンギの芸能活動に支障を与え、さらに損害賠償義務を逃れようとして犯行に及んだことは罪が重い。ソン・ジュンギにとっては詐欺罪で告訴されたということだけでも、相当な精神的圧迫を受けたに違いない」と判決理由を説明した。

A氏は2011年4月に自身が経営するショッピングモールの売り場の一部を、ソン・ジュンギの家族に提供し、コーヒーショップを経営するよう契約を結んだ。契約には「ソン・ジュンギがこのコーヒーショップでファンミーティングをして、ショップの広報をすること」という条件が入っていた。これに対し、ソン・ジュンギの兄は1億1000万ウォンの資金を入れて入店準備をしたが、建物の持ち主が入店に反対しオープンさせることはできなかった。

これによってA氏はソン・ジュンギの家族に1億1000万ウォンを賠償する約束をしたがそれを逃れようと、ソン・ジュンギが有名人であることを利用した。ソ・ジュンギの家族が初めから入店手数料を払ったりファンミーティングを行なったりする意思や能力がないのに嘘の契約を結んだとして告訴状を2011年末に提出していた。

WOW!korea提供

2014.09.03

blank