「Highlight」&「BTOB」一部メンバーらの学位取り消し要請に大学側「対策を検討」…結果に関心集中

2019.01.14

韓国の東新(トンシン)大学側が、ボーイズグループ「Highlight」や「BTOB」の一部のメンバーの単位や学位取り消しについて「規定に不備があった」と認めたが、“特別待遇”疑惑が学位取り消しにまで至り、波紋を広げている。

韓国教育部は14日、教育信頼回復推進団の第1回会議を開き、学校運営の不正に関する大学の実態調査結果を発表。「アイドル歌手に特別待遇があった」という疑惑に取り巻かれている東新大学の実態調査をした結果、問題になる彼らの学位を取り消すよう要求したのだ。

教育部が発表した結果によると、全羅南道(チョルラナムド)の4年制大学である東新大学は学校の授業に出席していない芸能人学生7人の出席を無断で認め、単位を与えたという。番組出演を出席と認める学科方針に従って出席を認めたとされるが、明文化された規定がないので無効に該当すると教育部は説明した。

(2ページに続く)