「コラム」「今や兵役は芸能人の墓場ではない」と言い切れる根拠とは?

2019.01.14

写真=韓国陸軍公式サイトより

 

かつての韓国芸能界では、「兵役は芸能人の墓場」と呼ばれた。兵役中に人気が落ちてしまった芸能人が多かったからだ。しかし、今や「兵役は芸能人の墓場」と言えなくなった。その根拠は何なのか。

 

兵役期間の変化

かつての男性芸能人が兵役中に人気を落としたのは、兵役期間が長かったことも理由の1つだった。
たとえば、陸軍の場合は1968年には36カ月もあり、1993年でもまだ26カ月だった。
しかし、2011年からは21カ月になり、2018年10月からはさらに兵役期間の短縮が行なわれていて、最終的に18カ月になる。

一方で、かつては丸3年も芸能人はブランクを強いられていた。兵役が「墓場」と称されたのも無理はない。
徴兵期間が長かったことの他に、もう1つ、兵役入りした芸能人が忘れられる原因があった。
それは軍務中の活動が一般社会にまったく伝わらなかったことだ。

今なら、入隊した芸能人の言動は折にふれてネット上を賑わす。国防省が「開かれた軍隊」を標榜して広報活動に力を入れている成果だ。そうした情報のおかげで、ファンも入隊したスターを忘れずに済むのである。
(ページ2に続く)

今年(2019年)除隊する大物芸能人!除隊日の総まとめ

最前線の部隊で兵役を始める芸能人が多くなった理由は?

兵役で芸能人がよく所属する軍楽隊とは何か

韓流スターの兵役が気になったらこれだけは絶対に知っておこう!

BTS(防弾少年団)にも影響? 今後大きく変わる芸能人の兵役問題