「取材レポ」April、単独コンサートで新年の日本活動スタート「今年は皆さんにもっと会いたいです!」

2019.01.11

KARA、RAINBOWなどの人気ガールズグループを輩出したDSPメディア所属の清純派ガールズグループApril。昨年4月にシングル「TinkerBell」で待望の日本デビューを果たし、1月16日には日本2nd シングル「Oh-e-Oh」をリリースし、約8カ月ぶりに帰ってくる。

1月10日(木)には、東京・Zepp DivercityTokyoで単独コンサート「April HAPPY NEW YEAR 2019~DREAM LAND~」を開催、新年から日本ファンと共に忘れられない思い出を作った。

日本2nd シングルの収録曲「The Blue Bird」でスタートを切った単独コンサート。きらきらと光るドレスで登場した6人は、まるで森の妖精のような清らかな美しさで、ファンの大歓声を浴びた。「Take My Hand」「April Story」と、神秘的で幻想的な雰囲気を続けていき、Aprilらしい楽曲を披露。大きな歓声が沸き起こる中、メンバーたちは満面の笑顔を見せながら流暢な日本語でファンにあいさつ。

(2ページに続く)

  • KARAの妹グループ April(エイプリル)が 約8カ月ぶりとなる待望のJAPAN 2nd SINGLE「Oh-e-Oh」を2019年1月16日(水)リリース!!
  • 約1年ぶりとなるApril単独公演「April HAPPY NEW YEAR 2019 ~DREAM LAND~ 」開催
  • 「APRIL」、チェウォン&レイチェル&ジンソルのフォトティーザー公開
  • April、10/16にカムバック決定!ニューアルバム「the Ruby」をリリース