【全文】「Sechs Kies」脱退、YG契約解除のカン・ソンフンがメッセージ 「ありがとう、そして、申し訳ない…」

2019.01.04


韓国男性グループ「Sechs Kies」のメインボーカルだったカン・ソンフン(38)がYGエンターテインメントとの契約を解除、グループを脱退することが公式発表された。

以下、カン・ソンフンが掲載した立場全文。

こんにちは。カン・ソンフンです。
予想もしていなかった多くの誤解が起き、立場を明かすことにも慎重になっていました。

現在、精神的な健康問題で復帰時期を予想できない状況にあり、これ以上、Sechs Kiesの活動から抜けることはチームに大きな迷惑をかけることになると判断し、悩み抜いた末、私カン・ソンフンはYGエンターテインメントと協議をおこない、2018年12月31日をもって専属契約解除に合意し、Sechs Kiesとしての全活動を終了することとなりました。

長い空白期間にも関わらず、待っていてくださったファンの方々、忘れずに迎え入れてくださった多くの方々の期待に応えることができなかった点、申し訳なく思っています。
私と関連した出来事で、被害を被ったSechs Kiesチームに深くお詫びいたします。

長い間、Sechs Kiesとしてのカン・ソンフンを応援してくださった方々へ心より感謝申し上げます。
また、どうか今後のSechs Kiesメンバーの活動にたくさんの応援をお願いします。
改めて心より謝罪し、そして感謝します。
カン・ソンフン

 

WOW!korea提供

 

  • YGエンタ、「Sechs Kies」カン・ソンフンのグループ脱退と契約解除を公式発表
  • YG、カン・ソンフンと専属契約解約…“今後もうまくいってほしい”「公式的立場」
  • カン・ソンフン個人ファンクラブ側、「Sechs Kies」ファンからの告訴受け「カン・ソンフン本人の介入NO」
  • ファンから訴えられた「Sechs Kies」カン・ソンフン、「捜査で真実を明らかにする」