俳優キム・ボソン、父親の“借金未返済”報道に立場明かす 「父親とは30年以上、会っていない」

2019.01.04


韓国俳優キム・ボソンが、父親に関連した”借金未返済”報道に立場を明かした。

キム・ボソンは4日、韓国メディアの取材に「まず、年初より芳しくないニュースで被害者と大衆の皆さんに対して申し訳ない思いです」とし、「正確にお話させていただくならば、きょう記事に出た内容は、記事を読む前には少しも知ることができなかった話です」と明かした。

これを前に4日午前、あるメディアはキム・ボソンの父親が知人から5000万ウォン(約500万円)を借りた後、10数年間、返済していないと報道。被害者とされるペクさんは、メディアに「(キム・ボソンの)父親ホさんと連絡さえ途切れた状態」とし、「私たち家族は10年以上も現行ローンの利子を返済しながら苦しみ、私の残された人生も追い込まれてしまった」と主張した。

同件にキム・ボソンは「記事に書かれている通り、知人から5000万ウォンという金額を借りた後、10年以上も返済していなかったことが事実ならば、それは明確に誤った行動であり、私を産んでくれた両親だからといって、隠すつもりはありません」としながら、「道義として、責任をとらなければならないと思っています」と伝えた。

その一方で、キム・ボソンは父親と「約30年間、会っていない」と告白。

「これまで隠してきたことだったが、私が幼いころから父親は家庭を顧みない人でした。父親は私の幼少期、事実婚関係の他の家庭をもっていました」と告白した。また、母親と父親は2008年ごろ正式に離婚し、それより30年前からすでに会えない状態が続いていたことなど、家庭の事情を初めてメディアに明かした。

WOW!korea提供

 

  • 【全文】ミンヒョク(BTOB)、記事で父親の借金を知り代わりに返済…被害者と円満解決
  • 【全文】ティファニー(少女時代)、父親の借金問題に「父から脅迫も」「メンバーに被害が及ばないか心配だった」
  • 人気女性芸人イ・ヨンジャ、実兄の1億ウォン借金報道に「道義的な責任、全て果たす」
  • 借金未返済を訴えられた”元イケメンバスケ選手”タレントのウ・ジウォン側、「円満に解決済み」と謝罪