「AOA」ソリョン、低所得層の青少年のために1億ウォンを寄付

2018.12.24

韓国ガールズグループ「AOA」メンバーのソリョン(23)が、1億ウォン(約1000万円)を寄付し、「Honor Society」の会員になった。

24日、社会福祉共同募金会「愛の実」側は「今月20日、『AOA』メンバーのソリョンが低所得層の青少年や児童保育センター支援のために1億ウォンを寄付し、高額寄付者の集まりである『Honor Society』に1991号会員として加入した」と明らかにした。

ソリョンの加入は、歌手としては2013年に加入したヒョンスク、2015年の「少女時代」ユナ、歌手イン・スニ、スジ(元Miss A)、2016年のハ・チュンファに続いて6人目となる。

11月29日にもソリョンは低所得層の青少年のために愛の実に5000万ウォン(約500万円)を寄付している。

(2ページに続く)

・ソリョン(AOA)、22日の「芸能大賞」MCとして出演…回復から初めて公の場に

・「FTISLAND」&「AOA」&チョン・ヘインらFNCエンタ所属芸能人、きょう(17日)ウィンターソングを発表

・“救急搬送”「AOA」ソリョン、コンディション回復…事務所側「今後も日程に問題ない」

・【全文】「AOA」ソリョン側、「火薬ではなく風邪の症状で過呼吸、現在回復」