チーズ料理の最先端!韓国発祥の“パネチキン” とろ~りチーズが溢れ出すフォトジェニック料理『池袋 肉バル アンタガタドコサ』

2018.11.28

株式会社Globridgeが運営する『池袋 肉バル アンタガタドコサ』は、2018年11月28日(水)~2019年2月28日(木)までの期間限定で、「ドコサ特製パネチキン」を提供いたします。

■ 最新チーズ料理“パネチキン”は、フライドチキンがチーズにダイブ!
チーズと辛い鶏肉(タッカルビ)を絡めて食べる“チーズタッカルビ”が大流行した2017~2018年。
次に来るチーズ料理の一つとして、韓国発祥の“パネチキン”が流行に敏感な方たちの間でじわじわと話題となっています。

≪パネチキンとは≫
パネチキンとは、韓国で大流行中のチーズ料理です。
“パネ”というのは韓国語でバゲットという意味。バゲットの器にたっぷりと入ったチーズを、フライドチキン(唐揚げ)を絡めながら食べる料理です。チキンにはトマト風味のクリームソースが添えられているのが一般的です。

チーズ料理が自慢の『池袋 肉バル アンタガタドコサ』では、チーズ×チーズ、チーズ×食材の相性を考慮した料理を提供しています。「ドコサ特製パネチキン」には、もっちりとした食感のドイツ産「モッツアレラチーズ」と、クセがなく豊かなコクを加えてくれるオランダ産の「ゴーダチーズ」の2種類を、オリジナルの配合で合わせました。

若鶏のももを使用した「フライドチキン」を、チーズソースにディップしてお召し上がりください。「フライドチキン」は、鉄板にひかれたトマトクリームソースに浸っているため、そのままでも美味しくいただけます。
また、チーズソースを全体にかけていただいても、とろりと溶けたチーズがムービージェニックです。ソフトカンパーニュ(フランスパンの一種)で作られた器も、もちろん召し上がることができます。
熱々の鉄板によって熱せられたトマトクリームや、チーズの香ばしい香りが食欲をそそるのと同時に、伸びるチーズがSNS映え抜群です。ぜひ写真や動画を撮ってお楽しみください。

◇ ドコサ特製パネチキン 1,298円(税抜)

(2ページに続く)