“非公開撮影会”人気ユーチューバー、初の裁判を傍聴後に涙… 「耐え抜いた」

“非公開撮影会”人気ユーチューバー、初の裁判を傍聴後に涙… 「耐え抜いた」

フィッティングモデルとして活動していた際、集団性犯罪に遭ったと告白した人気ユーチューバーのヤン・イェウォンが初の裁判に出席した。

ヤン・イェウォンは5日、ソウル西部地裁で開かれたA被告の強制わいせつなどの事件に関する第1回公判期日に出席し、被害者として傍聴席に座った。

この日、A被告はヤン・イェウォンなど女性モデルの写真を流出させた容疑は認めたが、強制わいせつ容疑については否認した。これに、ヤン・イェウォンの弁護士は同日、法廷で陳述機会を要請し、ヤン・イェウォンの被害者証人尋問など裁判手続きを公開してほしいと要請。判事は、次の期日である10月10日まで詳細を検討すると回答した。

(2ページに続く)

2018.09.05

blank