映画『メビウス』怪しく狂気に満ちたポスタービジュアル完成!!

ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞『嘆きのピエタ』
キム・ギドク監督最新作
映画史上最も壮絶なヒューマンドラマ

moebius_B1pos_s

 

映画『メビウス』怪しく狂気に満ちたポスタービジュアル完成!!

 

2012年ヴェネチア国際映画祭にて『嘆きのピエタ』で金獅子賞を受賞した鬼才キム・ギドク監督最新作にして、映画史上最も壮絶なヒューマンドラマである映画『メビウス』の日本公開が決定。第70回ヴェネチア国際映画祭で初お披露目となり、その過激な性描写から本国韓国でも上映制限がされた超問題作。日本での上映もR18+指定となった。

 

『悪い男』、『受取人不明』などキム・ギドクの初期作品に出演し、ギドクのペルソナと呼び声の高いチョ・ジェヒョンが不貞な夫を演じ、女優人生をかけて本作への出演を決めたイ・ウヌが浮気な夫への嫉妬に憑りつかれた狂気の母、さらには父の浮気相手である妖艶な女を一人二役の体当たり演技で魅せ、韓国映画界の新星ソ・ヨンジュが性器を切り取られてしまい苦悩する息子を演じる。本作は全編にわたりセリフが一切なく、「笑う」、「泣く」、「叫ぶ」の3つの要素のみで紡がれる「性」と「家族」と「人間」の物語。

 

この度、本作の狂気に満ちた壮絶すぎるビジュアルが解禁!インパクトが強い大きなメビウスの輪の中にいるのはイ・ウヌ演じる母。狂気に満ち満ちた表情で見つめる眼差しの向こうには何があるのだろうか。キム・ギドクの初期作品から出演しているチョ・ジェヒョンが怪しく拳銃を象徴的に握りしめる父、中央で大胆に足を開くのは母と一人二役でイ・ウヌが演じ分ける女、さらに韓国の新星ソ・ヨンジュが上半身裸で恍惚の表情を浮かべる息子になっている。そして、メビウスの輪の中にあしらわれた「人間の業が、廻る。」のキャッチコピーには登場人物たちが表裏一体に交錯する意が含まれている。

 

不貞の夫。嫉妬に憑かれた妻。切り取られた息子。全ての欲望は家族の中にいる。

 

【STORY】
父・母・息子の3人が暮らす上流家庭。家族としての関係は冷え切っていた。ある日、近くに住む女との不貞に気づき、嫉妬に狂った妻は、夫の性器を切り取ろうとする。しかしあえなく失敗し、矛先を息子へと向ける。凶行に出た後、妻は家を出ていき、夫と息子はとり残される。性器を切り取られてしまった息子は、絶頂に達することができずに生きていくのか。なくしたことで虐められ、生きる自信をもなくした息子。罪悪感に苛まれる中、父は絶頂に達することができる“ある方法”を発見する。それを息子に教えることで、再び父子の関係を築いていく。だが、そこに家を出ていた妻が戻り、家族はさらなる破滅への道をたどり始める―。

 

「メビウス」
12月6日(土)より新宿シネマカリテほか全国公開!

監督・脚本・撮影・編集:キム・ギドク 製作:キム・ギドク、キム・ウテク、キム・スンモ
キャスト:チョ・ジェヒョン(父)、ソ・ヨンジュ(息子)、イ・ウヌ(母/女)
2013年/韓国/83分/カラー/ビスタ/5.1ch/原題:Moebius/R18+
配給:武蔵野エンタテインメント
提供:キングレコード
(C)2013 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.

公式HP: moebius-movie.jp
公式Twitter:moebius_mov
公式Facebook: www.facebook.com/moebius.jp

2014.08.08

blank