「インタビュー①」「キム秘書なぜそうか?」ファン・チャンソン(2PMチャンソン)、"コ・グィナムというキャラクターについてたくさん提案した。監督も喜んでくれた"

彼は、「本当におもしろかったです。現場の雰囲気がとてもよくて、追いこみで忙しいスケジュールでしたがすべてのスタッフと俳優と笑いながら撮影しました。良い方々と良い作品ができてとても思い出になると思います」と、放送終了の心境を明らかにした後、相手役のピョ・イェジン(イ・ジア役)とのロマンスについて、「(分量が少なくて)残念だとは思いません。僕は僕のキャラクターだけ見ますが、監督は全体を見るじゃないですか。(ラブラインを)とてもよく生かしてくださったので残念ではありません」と満足そうだった。

特にファン・チャンソンは、コ・グィナム役にキャスティングされた当時を思い浮かべて、「コ・グィナムが、原作では説明ができないキャラクターで、最初のミーティングで『こうすればどうでしょう』とアイディアを出したら、監督が気に入ってくださいました。たくさん反映してくださって楽しく撮影しました」として、「グィナムが、実は『ガードの硬い男』ではないか。『お金が惜しくてガードが固くなった』というアイディアは僕が出しました。A4用紙1枚半分量を作成して監督に差し上げたら『このキャラクターは君が作れ』とおっしゃりながら喜んでくださいました」と打ち明けた。

(3ページに続く)

・「インタビュー①」「キム秘書なぜそうか?」ファン・チャンソン(2PMチャンソン)、”コ・グィナムというキャラクターについてたくさん提案した。監督も喜んでくれた”

・2PMチャンソン、9月に日本でファンミツアー開催

・2PMジュノ&チャンソン&ニックン、今もなお衰え知らずの人気に関心集中

・「キム秘書がなぜそうか?」2PMチャンソン、三枚目の演技にも好評

2018.07.30

blank