[公式立場]KangNam側「精密検査後退院、自宅で安静に..異常なし」

歌手KangNamが、5台の玉突き事故に巻き込まれた中で、精密検査後退院して自宅で安静にしている。

KangNamは28日、スケジュールのため移動中に京釜(キョンブ)高速道路で5台が絡む玉突き事故に巻き込まれた。 KangNamが乗った車の前を走っていた車両が急停車しながら、後方を走っていた車がKangNamの乗った車に追突したと見られる。 KangNamは事故発生直後、近隣にある忠北(チュンブク)大学病院に搬送れて応急処置を受け、以後ソウルの病院に移動して精密検査を受けた。

所属事務所の関係者は29日午前、OSENの取材に対し「KangNamが精密検査を受けて退院し、自宅で安静にしている。 検査結果、幸い大きな異常はないと言われた」と、明らかにした。

また、この関係者は「事故後応急措置を受け、現在の状況は大丈夫だが、交通事故は後遺症が憂慮されるので何日かは注意深く見守る予定」と、説明した。

KangNamは事故によって首に衝撃を受けて苦痛を訴えたが、大きな負傷ではなかった。 応急措置を受けた後、ソウルの病院で精密検査を受けた。 特にKangNamと一緒に公開放送の舞台に上がる予定だった歌手テ・ジナが、スケジュールを消化した後、すぐにKangNamが搬送された病院を訪れてそばで保護者のように世話をしたと分かった。

KangNamの事故のニュースにファンの応援も続いた。 特に最近芸能人の健康不安のニュースが続いて伝えられただけ、いつも愉快で明るいエネルギーがあふれるKangNamの快癒を応援している。

KangNamはテ・ジナとのデュエット曲「中指の長さ」で活動中で、SBSのバラエティー番組「ジャングルの法則」でもキム・ビョンマンと共にレギュラーメンバーとして活躍している。

  • “追突事故”のKangNam、ソウルの病院に移動中…テ・ジナも同行
  • “命に別状なし”…KangNam、車両5台の玉突き事故に巻き込まれ近隣病院へ
  • テ・ジナ&KangNam、「WINNER」「VIXX」「PENTAGON」と記念ショット
  • KangNam&テ・ジナ、コラボ曲「中指の長さ」で音楽番組に相次ぎ出演
  • 2018.04.29

    blank