「コラム」韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

日本の女性が実際に韓国に住むと、旅行のときには気づかなかった問題にいろいろと直面する。特に、どんなことを不満に思うのか。実際に体験した人の声を集めてみた。

 

日本と中国の真ん中
かつて、韓国に住む多くの日本女性を取材したことがある。彼女たちの話には生活感がしみついていて、とても参考になった。そのいくつかを誌上で再現してみよう。
まずは交通機関のマナーについて。
「人の性格で悩みますね。特に、地下鉄に乗るときもマナーを守らない人が多い。それに慣れるのに大変でした。『こういう社会なんだ』と割り切れればいいんですけど」

「トイレで順番を待っているときなんか絶対に許せない。こっちは必死に我慢しているのに、平気で順番を守らない人が多いんです。しかも、おばさんだけでなく若い人でも並びません!」
「韓国と中国の両方に住んで思ったのは、何につけても韓国は中国と日本の真ん中だということ。中国は順番を全然守らないけど、日本人は律儀に守る。韓国は守る人と守らない人が半々。土地柄がよく出ています」

さらに、多くの人が言っていたのが「バスの運転が乱暴」ということだった。
確かに、韓国の地方に行くと、バスが車体をきしませながら飛ばしている。しかも、狭い一車線の道路でバスが乗用車を猛スピードで追い越したりする。韓国ではバスの事故が割と多いが、それは運転の荒っぽさが原因となってしまっている。
しかし、中には「バスの暴走ぶりが結構好きなんですよ。あれだけは変わってほしくない」と言う人もいた。(ページ2に続く)

2018.04.25

blank