「取材レポ」NCT DREAM、IMFACT、TST、"ファンとともに“K-POP”でSmile!"「日韓友情フェスタK-POP FESTIVAL 2018 in TOKYO」開催!

 

イベントラストを飾ったのは、日本では7人で初登場となるNCT DREAM。VCRが流れると会場は大歓声が響き渡り、メンバーの登場にさらに熱気が高まった。1曲目「Chewing Gum」から、ファンは大きな掛け声で声援を送り、一体感を作り出した。


「みなさんお久しぶりです!僕はマークです、よろしくお願いします」「ロンジュンです、頑張ります!」「みなさんこんにちは、ジェノです!よろしくお願いします」と1人ずつ自己紹介してきい、怪我から復帰したジェミンは「はじめまして〜!日本のファンのみなさん、僕はジェミンです」とあいさつし。そして「久しぶりに7人で活動できて、本当にうれしいです!日本のファンのみなさんに会えて、とてもうれしいです!これからも会えるのを楽しみにしています」と身振り手振りしながら日本語で伝えた。

マークは「ジェミンくんが日本のファンのために日本語を一生懸命頑張りましたが、実は他のメンバーたちも日本語を一生懸命頑張ったので、あたたかく見守ってください!」と言い、「みなさん、今日は来てくれてありがとうございます。会えて光栄です、最後まで盛り上がって行きましょう!(マーク)」、「みなさん、あいしてる!頑張ります!(ロンジュン)」、「僕たちの日本語はまだまだですが、大丈夫ですか?僕たち可愛いでしょ!(ジェノ)」、「僕はまだ子供です。(チソン)」「みなさん、応援してくださってありがとうございます。来てくださってありがとうございます!(ジェミン)」、「みなさん、大好きで〜す!(チョンロ)」、「みなさん、会いたかったで〜す!今日は最後まで楽しんでください。(ヘチャン)」とそれぞれ日本語を披露した。

「Trigger the Fever」をさわやかに歌いあげると、次の「My First and Last」では、ハートポーズをしたり、メンバー同士で頭を撫でたりと笑顔溢れるステージとなり、「We young」ではフレッシュなエネルギーを放った。
歌い終わると、ジェミンが日本語で「みなさん、メンバーたちが水を飲んで汗を拭く間、少々お待ちください」と丁寧にコメントを挟み、「うちのメンバーたちのステージ、素晴らしかったですよね?」と観客に呼びかけた。ヘチャンが「イベントのテーマがSmileですよね!なので可愛いポーズを準備してきました!」と言うと、メンバー全員で「K-POP Smile〜」と可愛い表情とポーズでファンを喜ばせた。「最後の舞台を力いっぱいするため、僕たちの掛け声をみなさんと一緒にしてみたいと思います」とし、マークが「Yo〜DREAM!」と声をあげると、メンバーとファンは「쩔어!주자!ファイティン!」と叫び気合いを入れた。新曲「Go」では、メンバーのパワフルなパフォーマンスに、ファンの掛け声も一層熱くなり、会場の盛り上がりは最高潮となった。

(6ページにつづく)

2018.04.17

blank