「取材レポ」NCT DREAM、IMFACT、TST、"ファンとともに“K-POP”でSmile!"「日韓友情フェスタK-POP FESTIVAL 2018 in TOKYO」開催!

トップバッターとして登場したのは、療養中だったウヨンが復帰し7人の完全体となったTST。あずき色のジャケットスタイルのメンバーたちは、1曲目に可愛らしいダンスの「She song」、続けて「DUMB」でキレのあるパフォーマンスで盛り上げた。
「僕はTSTのスパークリング、ヨハンです!」「TSTのかわいい末っ子、キョンハです!」「TSTのラッパー、ウヨンです!」「TSTのリーダー、アインです!」「TSTのラッパー、ジョンフンです!」「TSTのメインボーカル、ヨンヒョンです!」「TS Tのメインボーカル、ケイです!」と1人ずつ自己紹介すると、アインは「僕たちを初めて見る方たくさんいると思いますが、僕たちと(みなさんが)仲良くなるために頑張るので、あたたかく見守ってください!」と話し、ヨハンは「僕たちは去年4月に、ここで単独ショーケースしたけど、また来ることができてうれしいです!みなさん一緒に楽しく遊んでいきましょう!」と、呼びかけ、ケイは「1年ぶりに豊洲PITに来ましたが、次はここで単独公演をしたいです!」と意気込んだ。そしてイベントテーマにちなみ、ファンを笑顔にするため、ジョンフンは「たくさん愛してください〜」と愛嬌をみせ、ヨンヒョンは、「カラオケをしているように歌うことができます!」と、エコーのかかったような歌声を披露し、独特な特技で会場を沸かした。


次のステージ「Without you song」では柔らかな歌声で観客を魅了し、「YESMAN」ではキャッチーな振り付けで楽しませた。
アイドル再起番組として大注目を集めた「The Unit」に出演したメンバーは「本当に大変なことがたくさんありましたが、ファンのみなさんたちと、舞台の大切さをわかることができました。(キョンハ)」「はじめてのミッションが、3日間で振り付けを全部覚えてMVを撮ることだったのですが、ずっと寝ないで練習しなければならなかったです。(ジョンフン)」と出演当時を振り返った。
「5月に韓国でカムバックします!もっとかっこよくなれるように頑張りますので、応援よろしくお願いします!」とアインが伝えると、最後の曲へ。「MIND CONTROL」でエネルギー溢れるステージで盛り上げ、次へと繋げた。

(3ページにつづく)

2018.04.17

blank