「Red Velvet」&「少女時代」ソヒョンら出演の南北合同公演、大盛況のうちに終了

「Red Velvet」&「少女時代」ソヒョンら出演の南北合同公演、大盛況のうちに終了

南北平和協力祈願の韓国側芸術団が3日、北朝鮮・平壌(ピョンヤン)市の柳京鄭周永(リュギョンチョンジュヨン)体育館で開催された南北合同公演を大盛況で終えた。

南北の芸術団は会場を埋め尽くした北朝鮮の観客の前で、短い練習時間だったにも関わらず、最善を尽くして息を合わせて、南北和合の神髄を見せた。韓国の都鍾煥(ト・ジョンファン)文化体育観光部長官、北朝鮮の朴春男(パク・チュンナム)文化相、玄松月(ヒョン・ソンウォル)団長、金英哲(キム・ヨンチョル)労働党副委員長、祖国平和統一委員会の李善権(リ・ソングォン)委員長など関係者を始め、北朝鮮市民が1万2000席を埋め尽くした。

韓国芸術団は、最後の公演を成功させるために前日の2日午後5時から11時まで三池淵(サムジヨン)管弦楽団と共に練習したと伝えられている。歌い方が違う南北の歌手たちは、和気あいあいとした雰囲気の中で、互いに理解を深めようと対話をしながら準備したという。

南北合同公演の司会は、「少女時代」ソヒョンと、北朝鮮の朝鮮中央テレビ放送員のチェ・ヒョソンが務めた。一部では、ソヒョンが1次公演当日にかぜぎみだったからではないかという推測がなされたが、合同公演という趣旨に合わせて南北が合同司会を推進したという。

(2ページに続く)

2018.04.03

blank