「会見レポ」M.C THE MAXのISU「日本で愛される歌手になれるよう頑張ります」日本初ソロ公演後、記者会見に登場!

「韓国の4大ボーカリスト」の異名を持ち、圧倒的な歌唱力で多くの韓国アーティストたちにも憧れとして挙げられるM.C THE MAXのボーカルISU。韓国では泣かせるロックバラードでヒットを連発しており、日本のアーティストとも関係が深い。2002年、X-JAPANの名曲「tears」をリメイクした「少しだけさよなら」、そして2003年には安全地帯の「愛の詩(ショコラ)」のカバー曲を発表し、大きな話題となった。また「においを見る少女」「太陽の末裔」など人気韓国ドラマのOSTでも親しまれている。そんなISUが3月31日(土)、東京・マウントレーニアホール渋谷にて初のソロコンサートとなる「Inhale ISU of M.C THE MAX Concert in Japan」を開催。感動的な歌声と楽しいトークで会場を沸かせた。公演終了後ISUは記者会見に登場し、今回の公演や日本滞在中のエピソード、今後の活動などについて語った。

Q.日本公演を終えていかがでしたか?
ISU:チームではなくソロでは初めてだったので、とても緊張しました。

Q.ISUさんは音楽を通じて日本の歌手ともコミュニケーションしていますが、特に記憶に残っていることは何ですか?
ISU:安全地帯、X-JAPANは僕が10代の頃、まだ韓国に日本の音楽が輸入される前、頑張って探して聴いていました。カバーやリメイクで歌わせていただくことができて本当に光栄でした。

(2ページにつづく)

  • M.CTHE MAXの ISU、ソロ公演を開催
  • 「取材レポ」実力派俳優ソ・ジソブ“俳優として一日も早くごあいさつできればと思っています”恒例のHIP-HOPステージも大盛況「2018 SOJISUB EVENT『AGAIN, IN JAPAN』」開催!
  • 女性ラッパー・Kisum、アイドル練習生時代の体重44キロ…「ダイエットがつらすぎて放棄」
  • Block BのP.O、ファッションブランド「EVISU」モデルに抜擢
  • 2018.04.01

    blank