<トレンドブログ>女優キム・ジウォンは過去、歌手の練習生だった!?歌手ユンナのバックコーラスも担当。


女優キム・ジウォンといえば“生まれながらにしての女優”という印象がありますが、そんな彼女には意外な過去があったといいます。

実は彼女、歌手志望の練習生出身だといいます。


キム・ジウォンは中学校3年生の頃から歌手を夢見る練習生生活をスタートさせました。芸名は“ジェシカK”。当時同じ所属事務所であった歌手ユンナのバックコーラス兼ピアノ伴奏として活動したこともあったといいます。

そんなある日、偶然の機会があり清涼飲料水(オランシー)の広告に出演することになったキム・ジウォン。これこそが“オランシーガール”の誕生となる瞬間でした。その後、本格的に女優として活動するようになった彼女。

キム・ジウォンはある媒体とのインタビューの中で「歌手の練習生生活をしていた時はアーティストになりたかった」とし、「今も演技の才能があるとは思っていない。歌手はもっとそうだと思う」と語ったことがありました。


そして「歌手に対する未練はない。上手な人、才能がある人の分として取っておかないといけないと思う」とし、「ありがたくも、女優という職業に就けたので、忠実にやらないといけないという思いだけです」と明かしました。

 

WOW!Korea提供

韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

2018.02.16

blank