「速報」BIGSTAR「1曲目から泣きそうになりました」50回記念コンサート開催!

DSC_6106

2012年韓国で「絶対ビッグなスターになる」という意味でグループ名をBIGSTARとしデビュー。デビュー後、ドラマやTV番組に活発的に出演し、音楽だけではなく様々な分野で活動をしている5人組アイドルグループ。日本では今年4月より日本デビュー事前プロモーションとして100回のコンサート「100STORIES」を開催中であり、50回目の記念公演を6月20日(金)東京・ヤクルトホールにて開催した。

 

DSC_5671

会場は満席で暗転するとこの日を待ち望んでいたファン達の大声援が起きた。ステージに大きく掛けられた幕にはメンバーがダンスをする影が一人ずつ映し出され、そのまま1曲目「HOT BOY」へ。ノリノリで踊るメンバーはステージから伸びる花道にも足を伸ばし、広いステージをいっぱいに激しいダンスを見せた。「The future of brave sound BIGSTAR!こんにちは。BIGSTARです」と5人声を合わせると客席からは大きな拍手が送られた。メンバーが一人ずつあいさつを終えると、すぐに次のステージへ。

パワフルな歌とダンスパフォーマンスで会場を熱気の渦に巻き込んだ。

DSC_5675 DSC_5682

この日のために死ぬくらい練習したというソロコーナーもあり、メンバーそれぞれが練習の成果をファンに披露した。メンバーソロの音楽の合間には、メンバーの名前を呼ぶ掛け声がどこからともなく始まり、ファンの息もぴったりと合った。

「今日正直たくさん心配したけど、始めの曲から泣きそうになりました。『HOT BOY』みたいに盛り上がる曲なのに赤ちゃんみたいに泣きそうだったよ」とレファンが話すとパラムも泣くフリをし、ジュドは「僕は初めて、本当に緊張しましたが、今はファンのみなさんが応援してくれて大丈夫です」と話し、カッコよく踊っていた「HOT BOY」もメンバーは緊張でいっぱいであったことを語った。

DSC_5977 DSC_6100
この日ファンが手に持っていたペンライトはメンバーも初めて目にするもので、フィルドッグは「ペンライト初めて見た!欲しい欲しい!!出せ出せ出せ~」とファンを煽って笑いを誘い、ソンハクは「僕たちカッコいいのに(カッコいい僕たちを見てるのに)まだ死なないんですか?」と自分たちがカッコ良いはずなのに、ファンがまだ物足りないのか心配しつつ満面の笑みをファンに向けた。

BIGSTARはアンコールを含め全20曲を歌い切り、50回記念コンサートを終えた。

DSC_6150 DSC_6284

詳しいレポートは後日掲載いたします。

2014年6月20日 PM11 : 50配信 (C)Korepoニュース

 

BIGSTAR オフィシャルHP
http://hy-pd.com/

BIGSTAR オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/hy-bigstar/

 

 

2014.06.20

blank