「合同インタビュー」B1A4ジニョン、「歌も演技も自分が好きなこと!」チャレンジ精神旺盛な“万能アイドル”の意外な弱点とは?

Q. 改めて、「雲が描いた月明かり」は、ジニョンさんにとってどんな作品になりましたか?
さまざまなことを学ばせてくれた作品になりました。時代劇が初めてということもあり、プレッシャーもありましたが、その分、事前に研究をしたり、努力をして取り組みました。監督ともいろいろお話をさせていただいて、いろんなことを学べた作品になったと思います。

Q. 初の時代劇でしたが、特に苦労した点は?
一番の苦労というと、暑さですね。衣装を何枚も重ね着したので。特に、このドラマを撮影していた時期は、韓国でも数十年ぶりの猛暑と言われていたので、そんな暑い時期での撮影がちょっと大変でした。

Q. ドラマでは、恋と友情に揺れるエリート官僚キム・ユンソンを演じましたが、自分と似ているところ、似ていないところを挙げるとすると?
似ているところは、自分のやりたいこと、望むことに向かって、直進するというところですね。それをちゃんと表現するし、自分の気持ちを言葉に出して言います。似ていないところは、簡単に自分の命までは捧げないところですね(笑)。時代的なこともありますが、自分に想い人がいれば、少しでも長く生きて、その人のそばにいたい、と思うんじゃないかなと思います。ユンソンはああせざるを得なかったというのが残念ですね。

Q. ドラマに出演して、B1A4のメンバーや家族の反応はどうでしたか?
メンバーたちは、「雲が描いた月明かり」に出たことをすごく喜んでくれたし、マメに見てくれたみたいで、SNSに、いま見ている場面をキャプチャーして、アップしてくれたり、僕のセリフをマネして見せてくれたり、すごく関心を示してくれて、ありがたいなと思いました。家族も、毎回1話が終わるたびに、“ここは良かった”とか、メールで褒めてくれたので、すごく満足感が得られて、もっと頑張ろうと力が出ました。

Q. ご家族から褒められた言葉としては、何が一番印象的でしたか?
アクションシーンを見て、「本当に撮影は大変だっただろうね。でも、お前がこんなにアクションが上手いとは思わなかったよ」と言われたのが一番印象的でした。

(3ページに続く)

 

【公式立場】「B1A4」側、「打撲傷、筋肉痛と診断され安静中」

「公式的立場」B1A4、交通事故のため病院で検査…メンバーの回復のために最善をつくす

B1A4、今日(27日)交通事故に遭う… 近くの病院で治療後休息

<トレンドブログ>「B1A4」ジニョンが東京でファンミーティングを開催!高い人気を立証する。

2018.01.29

blank