【全文】韓国大衆文化芸術産業総連合、「T-ARA」商標権は事務所MBKの権限だと声明を発表

【全文】韓国大衆文化芸術産業総連合、「T-ARA」商標権は事務所MBKの権限だと声明を発表

韓国大衆文化芸術産業総連合側(文産連)が、「T-ARA」騒動に関して制作会社のグループ名所有権の保障について声明を発表した。

19日午前、「T-ARA」側は、前所属事務所であるMBKエンタテインメントが2017年12月28日に「T-ARA」を商標として出願したことに対して、特許庁に商標登録が拒否されるべき事由を記載した情報提出書を出したと伝えられた。

その後、文産連側は「T-ARA」とMBKエンタテインメントの対立に関する立場を明らかにした。

以下、文産連の公式立場全文。

文産連、制作会社のグループ名所有権の保障に対する声明の件。

1.本協会(社)韓国大衆文化芸術産業総連合(以下、文産連)は、会員会社MBKの「T-ARA」商標権出願の話題に関連し、次のような声明を発表します。

2.制作会社はグループを創作、制作、企画して発掘及び投資し、グループの芸能活動や認知度向上のために数多くの努力と時間をかけており、これはグループの制作会社及び創作会社として認められるべき部分である。また創作会社の創作物に対する所有権の主張は当然のこととして、制作会社及び創作会社はこのような所有権限を放棄せず、守ろうとする権利が十分にある。

(2ページに続く)

 

【公式】“名前を守る”「T-ARA」メンバー4人、前所属事務所に対抗=「商標出願拒否事由情報書」を提出

「T-ARA」、10年の友情誇る…デマが拡散する中で固く団結

「T-ARA」元メンバーのアルム&俳優イ・スンジェ、熱愛認める

「T-ARA」元メンバーのアルム、新人俳優イ・スンジェと熱愛か…事務所側は「確認中」

2018.01.19

blank